井上喜久子 オフィシャルサイト @manbow

メニュー

ブログ | @manbow

ブログ : 事務局(m)

事務局(m)

せいゆうようちえん・おゆうぎかい

2013年4月7日

事務局(m)

イベントレポ

今回は「せいゆうようちえん・おゆうぎかい」の模様をお送りします。

1825-01
( 金田朋子さん、本名陽子さんと。金元さんはビデオコメントでの登場でした )

おゆうぎかいは金田さんと本名さんが園児、お姉ちゃんがせんせいという役で登場します。コスプレほぼ初挑戦な本名さんはともかく、金田さんはなぜそんなに園児服が似合うのか…。

1825-02
( エプロン姿のお姉ちゃんせんせい )

本編はおゆうぎかいにむけての練習をするせんせいと園児たち、そして会場のおともだちといっしょになったおゆうぎかいという構成。とにかく全力で園児を演じる金田さんに本名さんとお姉ちゃんが必死についていくという感じが会場の笑いを誘い続ける素晴らしいステージでした。

1825-03

1825-04
( 金田さん迫真の演技に追い詰められるお姉ちゃんせんせい )
1825-05
( 定番の抽選会も )

最後に、とってもかわいかったのでおゆうぎかいから何枚かご紹介。

1825-06
( パンダー♪ )
1825-07
( うさぎー♪ )
1825-08
( コアラー♪ )

声優口演SPECIAL~ヴォイス・オブ・チャップリン~

2013年3月29日

事務局(m)

イベントレポ

今回は「声優口演SPECIAL~ヴォイス・オブ・チャップリン~」の模様をお送りします。

1824-01

1824-02
( この日の衣装はこんな感じ )

声優が無声映画にアテレコをするイベントとして立ち上がった声優口演。洋の東西を問わずあらゆる作品を取り上げ、多くの声優さんが参加されているこの企画ですが、今回はチャップリン作品にフィーチャーして行われました。お姉ちゃんは緒方賢一さん、千葉繁さん、羽佐間道夫さん、若本規夫さんとの共演でした。

1824-03
( チャップリンといえばもちろん喜劇なので笑いの絶えない内容なのですが、ピリッとした緊張感も同時に感じられる不思議な感じでした )
1824-04
( 当日出演のみなさま。近石真介さんはナビゲーターとしてのご参加、山寺宏一さんは1作品を全部お一人で演じられました。 )
1824-07
( 後半は出演者によるトークショー。役を演じる雰囲気とはうってかわって、なごやかな雰囲気でした。 )
1824-05
( 出演者全員によるサイン入りポスターの当たる抽選会もありました。 )
1824-06
( 最後は出演者・お客さん一体になっての手締めでお開き )

声優アワード・放課後カリキュラム

2013年3月23日

事務局(m)

イベントレポ

今回は東京ビッグサイトで開催された東京国際アニメフェア2013メインステージイベント「声優アワード・放課後カリキュラム」の模様をお送りします。

1823-02
( この日の衣装はこんな感じ )

今回の声優アワードステージは第7回受賞者だけではなく、今までの歴代受賞者が多く参加したスペシャルなイベントとなりました。新人賞受賞者がベテランの三ツ矢雄二さんに今までの体験談や心得を聞く「魁!三ツ矢塾」、シナジー賞を受賞したタツノコプロ創立50周年記念ステージとしてタツノコプロの歴史を共に歩んだベテラン声優さんたちによるトークショーなどがコーナーとして行われました。
さて、ではお姉ちゃんの出番はといいますと…

1823-01
( お姉ちゃん司会の「喜久子の部屋」コーナー )

なんと歴代の受賞者たちとのトークコーナーを仕切ることに。総合司会の鷲崎さんもこのコーナーはお休みで、お姉ちゃん一人が仕切りで個性豊かな面々をお迎えすることになりました。みなさんのご想像通り、テレビでおなじみのあの番組風コーナーです。しかし、誰ですか、この無謀な企画を考えた方は。

1823-03
( 例え東京国際アニメフェアのステージと言えどもやっぱりいつものお約束は欠かせません )

このコーナーでの登壇者はというと、登場順に第2回新人賞の小林ゆうさん、第2回シナジー賞の関俊彦さん、第7回助演賞の大原さやかさん、第5回助演賞の新井里美さん、そして第1回パーソナリティー賞の浅野真澄さんという、個性派揃いのそうそうたる面々。最初の小林ゆうさんはその独特のペースに押されながらもなんとか卒なくこなしたものの、次にらんま1/2でも共演した関さんが出てきて安心したのか、だんだんと進行があやしくなりだします。途中からは台本も見失って、ゲストさんに助けてもらう一幕も。

1823-04
( 出演者から総ツッコミをうけるお姉ちゃん )
1823-05

1823-06

( ゲストさんに進行を教えてもらうお姉ちゃん )
1823-07
( しまいにはパーソナリティ賞受賞経験者の浅野真澄さんに司会を丸投げしようとします )

結局、トークコーナーとしては、アワード関連というよりは出演者の日常やペットの話などを中心にお客さんも大ウケの爆笑ステージに。最後には総合司会の鷲崎さんが「これでコーナー終了です!」と強制終了してこのコーナーお開きとなりました。

1823-08
( 時間読みの魔術師こと、鷲崎さん登場で終了 )

イベントの終わりにはその日登壇した全出演者のサインの入った特製ポスターの当たる抽選会も行われました。こういったイベントではよくある景品ではありますが、新人から超ベテランまでが1枚のポスターにサインを入れるなんてことは、この声優アワードステージでしか見られない非常に貴重なものとなりました。当選された方、おめでとうございます。

1823-09
( これが景品の特製ポスター。他では絶対に見られない組み合わせです )
1823-10
( 歴代受賞者が勢揃いのエンディング。とっても豪華で楽しいイベントでした )

ふんわりライブ2〜ちょっと笑ってながーく癒されて〜

2013年3月17日

事務局(m)

イベントレポ

今回は3月17日に行われた@manbow主催イベント「ふんわりライブ2〜ちょっと笑ってながーく癒されて〜」の模様をお送りします。

スタートは朗読劇「高二病でも恋がしたい」から。ええ、例のアレのぱく…もといオマージュです。内容も当然ネタ満載。中二病全開の告白をしてフラレたり、宮沢賢治の銀河鉄道の夜を朗読しているはずがいつの間にか銀河鉄道管理局の車両に黒服の女性と乗っていたり…

1822-01
( 朗読部の井上喜久子17才(高二病)さん )

ご覧のとおり、お姉ちゃんまたもや制服です。感のいい方はお気づきかもしれませんが、これ、ついこの前お姉ちゃん初コミケイベントで着ていた「朗読少女」のモノです。すっかりお気に召したようで今回もメーカーさんにお願いして借りてきちゃいました。
そしてもちろん、「高二病〜」タイトルネタもきちんと回収。

1822-02
( シュバルツ… )
1822-03
( シルト! )

すっかりシュバルツシルトがお気に入りになった様子のお姉ちゃんでしたが、お昼の部では広げたはいいものの、たたみ方が分からずオロオロする…なんて姿も見られました。
そして、朗読には滑舌が重要!ということで早口言葉にもチャレンジします。もちろんこちらもお姉ちゃんの最新出演作に絡めたネタ満載のオリジナル早口言葉でした…が。

1822-04
( 結局1回もまともに言えず、撃沈するお姉ちゃん )

お昼の部では本編どころか小手調べも含めて、なにひとつ成功できず大撃沈。夜の部ではまぁまぁでしたが、失敗したお題をお客さんにも挑戦させる反撃も見せます。とはいえ、お客さんはなんなく言えてしまい、悔しがるお姉ちゃんはかわいかったです。

1822-05

1822-06

1822-07
( 朗読劇の合間に歌の披露もあり、ちょっとしたミュージカル(?)な演出も。ただ、17才設定にしては選曲が完全に昭和…げふんげふん。 )

♪楽曲リスト〜前半♪
1.春なのに(柏原芳恵)
2.なごり雪(イルカ)
3.いつか夢で
4.夢はひそかに
5.制服(松田聖子)

朗読劇に登場した劇中ラジオ「井上喜久子のおしゃべりパパイヤ」の披露の間にお姉ちゃんはお着替えタイム。ちなみにこの「おしゃべりパパイヤ」はというと「ふんわりしたもの」というトークテーマのはずが、気がついたらカッパとかっぱ巻きの関係について語っているという、やっぱりいつものお姉ちゃん節全開の内容でした。

1822-08
( 後半は装いも新たにドレス姿で登場 )
1822-09
( もちろんいつものお約束も )

後半はライブコーナー。数多くのイベントをこなしてきたお姉ちゃんですが、今回はその中でなぜかそんなに歌われて来なかった曲を中心にお送りしました。そしてその「あまり歌われなかった曲」に、なぜかウェンデにゃん曲が多いというわけで、久しぶりにウェンデにゃんの紹介がてら披露…のはずが、お昼の部ではステージ上に肝心のウェンデにゃんを連れてくるのを忘れたお姉ちゃん。

1822-10
( いるはずのウェンデにゃんがいない、さみしい左手 )
1822-11
( ウェンデにゃんの紹介写真をみて「かわいいー」を連発しつつ、食い入る様に眺めるお姉ちゃんの図。ちょっと珍しいアングルなので掲載してみました。 )
1822-12
( スタッフさんに連れてきてもらい、ようやくウェンデにゃん登場 )

1822-13

曲間にはお仕事のお話も。4月からは「マイリトルポニー」や「宇宙戦艦ヤマト2199」の放送も始まりますし、公開されたばかりの「しまじろう」劇場版もありますので、どうぞよろしくね。

1822-14
( 時には楽しく )
1822-15
( 時にはしっとりと )

最近「あたりまえ体操」がお気に入りというお姉ちゃん。そういえばこういう感じの曲歌ったことある、とふと思い出したのが「たのしいこと」に収録されている「いいね」でした。というわけで、今回、オリジナルバージョンにくわえ、このイベントのためにお姉ちゃんがあらたに作詞した新バージョンの「いいね」も披露となりました。

♪いいね〜新歌詞♪ 最近忘れていたけれど 二千円札を見ませんね
どこかで使われてるのかな?
わからないからどっちでもいいね

目覚まし時計の電池が ちょうど切れてベルならなくて
仕事に遅れて怒られる
そんな日が来なければいいね

例えば海外旅行の当日 目覚まし時計がならなくて
飛行機に乗り遅れました
想像しないほうがいいね

バナナの皮が落ちてたら すべらないように気をつけよう
だけど一生に一回くらい
ツルンってなるのもいいね

忘れ物をしないように メモに書いて確認する
だけどそのメモをすぐなくす
病院に行ったほうがいいね

1822-20
( ルンルンランランーたのしいっ♪fromあたりまえ体操 )
1822-16
( 演奏のみなさんもわざわざこの曲にあわせていろんな楽器を持ち寄っていただきました )

アンコールは恒例のほっちゃん話。ほっちゃんもみなさまの応援と頂いた数多くのお守りのおかげもあって無事高校に合格し、今は春休みを満喫しているとのこと。そしてそんな中、出かけた本屋さんでお姉ちゃんがほっちゃんを探していると、そこにいたのは声優界の方のほっちゃんというミラクルが…なんてこともあったそうです。

♪楽曲リスト〜後半♪
6.春のぽかぽか
7.ウェンデにゃんのうた
8.DokiDokiウェンデにゃん
9.ひなたぼっこでウェンデにゃん
10.My heart言い出せない、Your Herat確かめたい
11.Shooting Star
12.いいね
13.春
Encore.がんばって負けないで

最後は夜の部からの写真を何点かご紹介します。

1822-18
( タモリさん風に拍手を締めようとするおねえちゃん。もちろん、なんか違うので結果ぐだぐだになるというお約束つき )
1822-19
( 今回のステージはこんな感じ。やっぱりアコースティックライブは深みがあっていいものです )
1822-17
( 前半の制服の元ネタである「朗読少女」のコミカライズ本と )
1822-21
( どうもありがとうございました )
1822-22
( 最後に制服お姉ちゃん全身を♪ )

すまいるshow セレクト3

2013年3月17日

事務局(m)

すまいるshow!!