それは、日常から始まる物語。
受け取ったのは1通のメール。感じたのは小さな違和感。
書かれていたのはイベント、雑誌、そして東京国際アニメフェアステージのスケジュール。
そして、気がついたのは一つの事実。
運命はそこから、静かに動き始めて…。
@manbow声優アワードレポート、始まります。

…と、いつも通りどうでもいい小ネタから入ってみましたが、要するに、先日行われた声優アワード授賞式の模様をお伝えするレポートです。といっても、デジタルラジオとインターネットで生放送されたり、うちのトップページでちょっとした遊びも兼ねて大々的に告知させて頂いたりしたので、みなさんだいたいのことはご存じとは思いますが、当然のごとく発表までは極秘だったので、みなさまに告知できなかったお詫びも兼ねて少しだけ詳しめにお伝えします。

1507-01
( ステージ上はこんな感じでした )
1507-02
( 司会進行はこちらもおなじみ文化放送長谷川のび太・吉田涙子両アナ )

それにしても、順当な選出だった今年の声優アワードでも、お姉ちゃんの助演女優賞受賞はいい意味で予想外だったんじゃないでしょうか? かくいうスタッフも「おしごとカタログ」用の編集をしてるときに「ん? このスケジュールってもしかして…」と気がつくまで、予想だにしないことでした。
とはいえ、もはや「井上喜久子っぽいキャラ」というのがいろんなアニメ作品に見られるようになるほどですから、お姉ちゃんが選ばれるのも分かるかなという感じです。

1507-03
( 受賞者のみなさまです。みなさま受賞おめでとうございます )

さて、肝心の授賞式本編ですが、厳かな装飾、各事務所や制作サイドの重鎮さん、そして功労賞の大御所さんも含めた各受賞者のみなさまがずらりと座る状況も手伝って、けっこうピーンと張りつめるモノを感じる状況でした(それでも今年はまだライトな方だったとか)。
そんな中、しかも功労賞の大ベテランのみなさまのあとでの助演女優賞発表ということで、さぞ緊張しているかと思いきや…。

1507-04
( 舞台に上がるお姉ちゃん )
1507-05
( トロフィーを受け取るお姉ちゃん )
1507-06
( コメントを求められるお姉ちゃん )

お姉ちゃん:このような素敵な賞を頂けましたのも、私が出会ったすばらしい作品、すばらしいキャラクター、そして応援して下さったみなさんのおかげだと思っています。本当にありがとうございました。それからもうひとり、いつも私を支えてくれている実の姉で、マネージャーさんをやってくれてる弥生お姉ちゃんにも「ありがとう」って言いたいです

ご存じの通りもうひとりの受賞者が、お姉ちゃんも大好き、17才教のお仲間でもある堀江由衣さんだったと言うこともあってか、まじめながらもいつものお姉ちゃんもちょっぴり顔をのぞかせてました。さすがに持ちネタは封印してましたが、それでも舞台から戻るとき、その堀江さんと手を取り合ってわーってやるお二人がかわいかったです。

そして授賞式終了後は、これまた恒例のレッドカーペットで、授賞式中継を観覧できたファンのみなさんからのお見送りがありました。大歓声に迎えられてレッドカーペットを歩く受賞者のみなさまは、お姉ちゃんも含め、みなキラキラと輝いてました。ファインダー越しで伝わるくらいですから、それはもう燦然と輝く太陽のようでした。
とはいうものの、もちろんこの受賞で終わりではありません。今後もお姉ちゃんは声優としてみなさんにいい演技を見せられるようがんばっていくと思いますので、これからもお姉ちゃんの活躍をお楽しみに!

1507-08
( これからもお姉ちゃん、そして@manbowもよろしくね )

おまけ:それにしても書き始めて気がついたんですが、この手の授賞式記事って書きにくいですね(苦笑)。事務所が直接出すコメントではない、ネタ込み文章とは言え、あんまりベタ褒めするとなんですし、かといってあんまり卑下するとせっかくの声優アワードさんに失礼ですし…。そんなどうでもいいことはこのへんにして、最後にこの日会心の1枚を。

1507-07
( レッドカーペットでの助演女優賞17才教コンビ。この超絶かわいいお二人の様子は、撮影場所がお隣だった「アニソンぷらす」さんで流れるかも、たぶん。
…あ、お姉ちゃん、それだと「バツ」ですってば )