今回は東京ビッグサイトで開催された東京国際アニメフェア2013メインステージイベント「声優アワード・放課後カリキュラム」の模様をお送りします。

1823-02
( この日の衣装はこんな感じ )

今回の声優アワードステージは第7回受賞者だけではなく、今までの歴代受賞者が多く参加したスペシャルなイベントとなりました。新人賞受賞者がベテランの三ツ矢雄二さんに今までの体験談や心得を聞く「魁!三ツ矢塾」、シナジー賞を受賞したタツノコプロ創立50周年記念ステージとしてタツノコプロの歴史を共に歩んだベテラン声優さんたちによるトークショーなどがコーナーとして行われました。
さて、ではお姉ちゃんの出番はといいますと…

1823-01
( お姉ちゃん司会の「喜久子の部屋」コーナー )

なんと歴代の受賞者たちとのトークコーナーを仕切ることに。総合司会の鷲崎さんもこのコーナーはお休みで、お姉ちゃん一人が仕切りで個性豊かな面々をお迎えすることになりました。みなさんのご想像通り、テレビでおなじみのあの番組風コーナーです。しかし、誰ですか、この無謀な企画を考えた方は。

1823-03
( 例え東京国際アニメフェアのステージと言えどもやっぱりいつものお約束は欠かせません )

このコーナーでの登壇者はというと、登場順に第2回新人賞の小林ゆうさん、第2回シナジー賞の関俊彦さん、第7回助演賞の大原さやかさん、第5回助演賞の新井里美さん、そして第1回パーソナリティー賞の浅野真澄さんという、個性派揃いのそうそうたる面々。最初の小林ゆうさんはその独特のペースに押されながらもなんとか卒なくこなしたものの、次にらんま1/2でも共演した関さんが出てきて安心したのか、だんだんと進行があやしくなりだします。途中からは台本も見失って、ゲストさんに助けてもらう一幕も。

1823-04
( 出演者から総ツッコミをうけるお姉ちゃん )
1823-05

1823-06

( ゲストさんに進行を教えてもらうお姉ちゃん )
1823-07
( しまいにはパーソナリティ賞受賞経験者の浅野真澄さんに司会を丸投げしようとします )

結局、トークコーナーとしては、アワード関連というよりは出演者の日常やペットの話などを中心にお客さんも大ウケの爆笑ステージに。最後には総合司会の鷲崎さんが「これでコーナー終了です!」と強制終了してこのコーナーお開きとなりました。

1823-08
( 時間読みの魔術師こと、鷲崎さん登場で終了 )

イベントの終わりにはその日登壇した全出演者のサインの入った特製ポスターの当たる抽選会も行われました。こういったイベントではよくある景品ではありますが、新人から超ベテランまでが1枚のポスターにサインを入れるなんてことは、この声優アワードステージでしか見られない非常に貴重なものとなりました。当選された方、おめでとうございます。

1823-09
( これが景品の特製ポスター。他では絶対に見られない組み合わせです )
1823-10
( 歴代受賞者が勢揃いのエンディング。とっても豪華で楽しいイベントでした )